2012年03月20日

軟性下疳の症状について

軟性下疳の症状とは、性器に小さな豆粒状のこぶのようなものができ、

それが潰れて潰瘍になる性病です。

感染する原因となるのは、

保菌者との性交やオーラルセックス、アナルセックスなどです。

それ以外にも症状が現れている部分に触れたりすることで、感染する場合があります。

軟性下疳は、日本では感染している人は少なく、

南アフリカ、南米など海外に感染者が多数います。

症状が現れる場所は、男性なら性器の亀頭、カリの部分で、女性の場合は、外陰部周辺です。


posted by opwkrj566in at 11:39| 性病 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。